創る家(うち)in 能登島

こんにちは。流です。

氷見滞在中に面白そうな人いないかなーって調べてみたら石川県の能登島に面白そうなことをやってそうな人がいたことから会ってきました。

創る家(うち)

石川県の能登島にある創る家(うち)。2018年3月まで1泊3食付きで¥3000それ以降は値上げするらしいので、早めに行った方がいいです。但し、ほぼ紹介制です。来れるのは管理人のあやお氏の友達の友達までということです。で、氷見の滞在時の時の知人があやお氏と顔見知りな(FBでも繋がってた)ことから紹介させていただきました。以下、簡単に写真を。

外観。家賃¥15000、6LDKとのこと。庭は広く畑もあります。

居間に上がると左手側に創る家の簡単な説明書きというか案内というか張り紙が。あと、ほしいものリストです特にほしいものがオレンジでマーカーついてるものだそうです。

家訓と禁止事項、特に宿題や仕事はNG(笑)そりゃ遊び場でそれをやるのはナンセンスですね(笑)ちなみに敬語も禁止だそうです。

ダイニングです。ここでご飯を食うのかと思いきや台所が広くないこともあり、ここで調理することも。基本、皆で料理をするとのこと。

あやお氏特製の食器類。この家にある食器類は全部あやお氏の手作りだそうです。スプーンとかもを削って作られてました。

書物置き場兼読書場所かな。ラインナップはさいとうたかをの「サバイバル」、長野の諏訪地方で有名なリビセンの本も、その他に節約、サバイバル、旅等の本がいろいろ置いてあります。こういう所で管理人の考えというか生き方というのが結構現れてるとも思いますね。

縁側です。天気の良い日は日向ぼっこをするのも悪くはないですね。先ほどの書物もここで読むのもよいかと。

洗面所です。左手前がトイレ、左奥が風呂になってます。かなり綺麗ですのでそこら辺の心配はご無用です。

そして、居間。さすがに時期が時期でしたのでこたつがあります。この写真には載ってないですけどみかんが常備置かれるように(笑)このみかんは日本一周旅人のチャリダーが宅配便で届けてくれたとか。

そして、にゃんこ様。このにゃんこ様めっちゃ人懐こくてこたつで暖をとってるとこのように上に乗っかって来ます。思わず撫でながらニヤニヤします。このせいで足がしびれたのは内緒(笑)

管理人あやお氏

長野県の自然体験教育センターで山村留学やキャンプの仕事をしていました。 毎日薪の生活をしていて、風呂は、五右衛門風呂、ストーブは薪ストーブ、多いときは100人分の料理や畑、田んぼなどもやり、日常で使うものはすべて手作りの生活を子どもたちと共同生活しながら3年間山の中で過ごしたそうです。 たまに海外旅行にも行っていたらしく、家の所々にそういった旅行記みたいな新聞みたいなのも置いてありますので、興味があったらそちらを見るのもありかと。尚、長野の山村留学の生活によりロハス的な身体になってしまったため、 お酒やコーヒーやすごく甘いお菓子などが食べられなくなったそうです。 ですのでお土産は、野菜や肉、調味料や、夕食ですぐに食べられるもの、トイレットペーパーやティッシュなどの消耗品だと嬉しいといっていました。

創る家は大人の遊び場

創る家では来た人がやりたいことをやるということです。そういった意味で遊び場でもあるのでしょう。泊まるときに必ず聞かれます。「明日、何がやりたい?」と。自分はあやお氏がここでどう暮らしてるかとか、稼ぎとか、少ない金で暮らすにはとか聞きたかったのでそれを聞きに来たので明日どうしたいか?はまず一旦保留にしてその後にいろいろ話して畑の整地をすることに落ち着きました。海が近いので貝拾いや釣りもできるそうです。

テレビは無いがボードゲームやカードゲームはある

いくつかありました。カタンとか数字当てのアルゴとかごきぶりポーカーとか。ジャイアン格言(?)のトランプもあったけどね。その中で2人でやるのがあまり無かったのでアルゴを。まぁ負けまくったんですがね(笑)

実は既に会ってた

紹介役の知人によると去年、自分も一度会ってたよという話を聞いて、驚きました。で、あやお氏に聞くと去年氷見で、鍋やってた時に会ってたけど確か自分が具合悪いからその場に長くいなかったような感じだったと。で、あぁ思い出して、その時は8人ぐらいで鍋やってて、自分だけ聴こえなくて話が分からない状態になり、その場に長くいるのが嫌になったからそう言って途中で切り上げたんだなぁって。

世間は狭い

自分がギルドハウス十日町の元住人だということを告げるとあやお氏の知人数人がギルドハウス十日町に行ったことあるのですが案の定、共通の知人でした(笑)しかも、そのうちの1人の関係性を知ってびっくりしましたね(笑)まぁ、ギルドハウス十日町もリビセンみたいな考えのパーリー建築が造ったこともあるからなのもでしょうね。

今度はギルドハウス十日町の住人たち含めて皆で来てみたいですね。リビセンの考えというのもあるからパーリー建築や長野の諏訪のリビセンと縁がある方も良いかもね。最後らへんになって聞いたのですが近くでカキが1個¥60で買えるらしくたまにお客さん来た時にそれを焼いて食うのだとか。マジで事前に知りたかった(笑)次来るときはリベンジしよう(笑)

以下追加の写真を頂きましたのであげときます。主にご飯(笑)

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です