前回の記事のその後のこと

こんにちは。流です。

前回の記事から2週間が経とうとしてます。

前回の記事についてその後、どうなったかについて書きます(あくまでも自分の見解です

まず、話題となったつぶやきですが10万ぐらいリツィートされてかなり反響がありましたが誰かが通報したらしく残念ながら削除されました。

そしてつぶやいたアカウントも残念ながら見当たらなくなりました。検索しても見当たりません。

あの、つぶやきがいろんな所にまわったりしてアカウントの中の人の在籍してる学校にまで影響がきたらしいそうです。またその人のリアルでの知人からいろいろ心配されていたつぶやきもチラッと見かけましたので、収束がつきにくい状態になってしまい、アカウントを廃止したか鍵アカにしたのではないかと考えられます。

自分としてはあのことははっきり言ってあのつぶやきは残すべきだと思っています。胸糞悪くてもです。何故なら、実際にあったこととしてそういう風にやると傷つく人がいるということとやってはいけないとして実際にあったことの例にあげれるからです。(もちろん例にあげれるからといって実際にやってはいけませんよ)

残念ながらそういう配慮の無い言葉を投げてくる人はやはりいるものなんです。そしてそういうことをやるから未だに障害者の闇は深く、お互いの理解が進まず、障害者が社会に出ることに障害が残ってしまい中々、社会に出られないのでは?

ちなみに当の反響のあったつぶやきの内容ですが、つぶやきをした人が最近、突発性により聴力を失ったのを同級生の母親に伝えたところ、自業自得、欠陥商品、結婚や就職できない、外出するなといった内容で全く障害者に配慮の無い言葉というか人権を否定するような言葉を投げられたということです(実際は筆談で書いてもらったらしいです)それに対してのツッコミは前回の記事にかいてあります。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です