共生舎(山奥ニート)車やバイクでの行き方

こんにちは。流です。

これまで共生舎のことをそれなりに記事にしました。

今回は共生舎への行き方について書きます。

まず、電車やバスでの行き方は山奥ニートのブログを参考にしてください。

じゃあ何を説明するのかというと車やバイクでの行き方です。

共生舎に来るお客さんは旅してる方もたまに来ますしバイクや車とかで来る人も割といます。今回の滞在はバイク取りに来たので車で来てませんが去年の滞在の時は車で来てました。

今後も車やバイクで来るお客さんもいるだろうからいくつかのポイントとルートを紹介します。規約の関係上google マップの絵を使うのは禁止されているのでルートは実際にgoogle マップで確認してくだされ(笑)埋め込みは大丈夫らしいので入れときます。ちなみに高速を使うのを前提です。

①大阪方面から⇒高速で南紀白浜方面に向かいます。上富田ICから降りたら国道311号線へ。そのまま鮎川新橋北という交差点で右折し橋を渡ります。県道219号線から221号線、37号線と合川ダムへ。合川ダムまで来ると合川ダムを渡るでっかい橋が見えてきます。その橋を渡りあとは371号線をひたすらまっすぐ行きます。

②熊野方面から⇒熊野から入る311号線に入ります。ただちょっとした峠道がありちょこちょことクネクネしてる道があるとこが注意ですね。湯ノ口区民会館の真上あたりです。311号線から169号線⇒168号線と行き、また311号線に入ります。311号線をしばらく走ると古道歩きの里 ちかつゆがあります。ここら辺で一回休憩することをオススメします。なぜならここから道が険しくなるからです。

ちかつゆの近くから県道217号線があります。この道を通ると大幅にショートカットできますが運転に自信の無い方は通ることをオススメしません。かなり道が狭いです。すれ違いも結構きびしいです。また落石もたまにあるらしくかなーりやばいです。悪いことは言わない。事故りたくなければここを通るのは控えるか注意深く20~30㎞/hで走ることだ。217号線を通ると371号線に出ますのでそこを左折してあとはそのまま371号線を通れば共生舎までつきます。(①でも話した合川ダムを渡る橋の交差点があるのでそこを曲がることを忘れないように)217号線を通らない場合は311号線をそのまま走り鮎川新橋北まで向かって左折すれば①の県道219号線にまで行きますのでそのルートを使うこと。

ちなみに名古屋から来る場合の熊野ルートでは紀勢自動車道という高速を通るかと思いますがここは制限速度が70㎞/hなのですが皆さん飛ばすらしく覆面パトカーに捕まっているのを何回か目撃しましたのでお気をつけて。車は黒のクラウンでした。

さて今までのはとりあえず合川ダム辺りの371号線までの道です。今度はそれ以降からの371号線の道についての注意事項です。はっきり言うとここから道が険しいのです。なので走る際の注意点をいくつか紹介します。

①速度は基本20~30㎞/h

②車のライトを点ける

③車幅感覚を身につける

④18~19時の時間帯は避ける

⑤目のピントを一点に留めず全体を見るようにする

①の速度は基本20~30㎞/hというのは道がクネクネしておりスピードを出すと曲がりにくいこと。また対向車がいきなり出てくることもありなるべく早めに止まれるようにするためです。たまに後ろから結構なスピードを出す方もいますがそこはきっかりお譲りしましょう。

②車のライトをつけるのは夜だけかと思う方も思いますが、車のライトの本来の使い方は対向車側にも自分の車が走ってることを気付かせるためでもあります道が狭くクネクネしているため林が邪魔で車が見えないこともありますがそういう時にライトが点いてるとお互いに認識しやすくなるためライトは点けましょう。

車幅感覚はちゃんと身につけること。単純に道が狭いので対向車とのすれ違いはかなり神経を使います。この時、車幅感覚をちゃんとつけてないとすれ違いが上手くいかず、崖や対向車と接触を起こします。あるいは脱輪しかねません。なので感覚はちゃんとつけましょう。

18~19時の時間帯を避けるということはどういうことかというと、結論から言うとこの時間帯は対向車が多いのです。371号線で共生舎よりももっと奥にあすなろ木守の郷という施設があり、そこで働いてる方も多くこの時間帯はその仕事帰りでどうしても対向車が多いからなのです。

⑤目のピントを一点に留めてしまうとその一点以外に気付きにくくなります。これは先ほどから何回も言ってますが道がクネクネしてるので対向車がすぐ出てくることがあります。このことから道中にカーブミラーも多くカーブミラーも見れておかないと出会い頭で衝突しかねないのです。対向車もライトを点けていることが多いためカーブミラーからライトが見えたりすることがあるのでそれを見逃さないようにするためです

以上、共生舎までの道のりの注意点をあげときます。住人でもバイクでこけたり、車こすったり、事故ったり何人かそういうのにあってますので来るならお気をつけて。

371号線を進むと右側に共生舎が見えますが、ここの三川第二小学校という石碑があるとこを右側に曲がって登ると駐車場に着きますので。

では。