難聴の種類

こんにちは。流です。

聴覚障害が理解されにくい理由の一つに聴覚障害は個人差が特に大きいのがあります。その中でまずは耳の病気において難聴の種類が3つあります。主にこれが聴覚障害の元になる病気です。

①伝音声難聴

②感音性難聴

③混合性難聴

①の伝音声難聴。外耳、中耳と呼ばれる部分に何らかで悪化するとなる難聴。伝音声はそのままの通り音を伝えるのに難があるということで、単に音を大きくすれば大体は聞こえます。つまり補聴器でカバーしやすいことになります。

②の感音性難聴。内耳と呼ばれる部分に何らかで悪化するとなる難聴。内耳の部分には脳に伝える聴神経があり、感音性は音をどう感じるかに難があるということになります。単に音を大きくすれば聞こえるものではないのです。聞こえる言葉や音に明瞭さが無いこともあり、音が鳴ったというのを理解しても何の言葉か分からないということになります。そうなると補聴器でもカバーしきれません。もともと補聴器は音を大きくするのが本来の機能であり、人の身体の聴神経まで補えるものでは無いのです

③の混合性難聴。上記の①と②両方が合わさった難聴です。つまり感音性難聴もなっているので当然ながら補聴器でカバーしきれません。

ちなみに耳の仕組みと音の伝わり方はこちらから

以上、簡単に3つの難聴の種類をまとめました。こういった難聴があり補聴器でもカバーしきれない部分があるのに残念ながら補聴器を着けてれば聴こえると思いがちな人が相変わらず多いことに辟易します。

何でもかんでも思い込みで決めてはいけませんね。

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です